Posts Tagged ‘PanasonicGH5+Kipon+FD800mm’

トキ−6 トキだって寒い

この寒さに猛吹雪、流石にトキだって寒い。しかしそこは野生の強さ猛吹雪が上がって再び見つけるると、片足で寝ている。この余裕に感心した。 野生動物撮影ガイドブック モグラハンドブック リス・ネズミハンドブック アジア動物探検 […]

トキ−5 猛吹雪の中で

更にこの雪が強くなってきた。車の窓を開けて撮影しているが吹雪が容赦なく吹き込んでくる。狙っているときを時折見失うほどひどい吹雪だ。しかしこの吹雪に耐えなければ、この地で生きてゆくことができないのが野生の掟だ。普通のカメラ […]

トキ−4 既に婚姻色

朱鷺の繁殖の合図は体が灰色に変わる。見かけた朱鷺も既に首筋が灰色に変わっていた。見かけたのは1羽だけだったが、既に朱鷺の繁殖期は始まっている。横殴りの吹雪の中、1羽で餌を探していた。冬の佐渡の風は厳しい。   […]

トキ−3 朱鷺色は雪で映える

かつてこの色の羽布団が有ったというのも頷ける話だ。やはり朱鷺の鴇色は雪が降ると更に引き立つ気がする。しかし今度は朱鷺を見つけるのが見にくくなった。刈り取られた田んぼでほんの数日前までは、朱鷺を見つけるのはそれなりにできた […]

イヌワシ

この森では運が良ければイヌワシを見ることができる。日陰に陣取って双眼鏡で目を凝らすと、眼下をイヌワシが飛ぶこともあるのだ。しかしこの日はガスが出て遠くをディスプレーしただけだった。まあこんな日もある。と言うかこんな日のほ […]

仕方なく岸からトドを撮影−2

野生動物の撮影というのは、まさにかけた時間に正比例して出来上がるものだ。船を出して撮影するにはこの風が少しでも収まるのを待つしか無い。仕方がないから岸から風を避けるようにしてトドを撮影した。日本では害獣として駆除している […]

ちょっかいを出すカラス

餌になりそうな動物や自分より弱いと感じた動物を、カラスは容赦なく攻撃します。それがカラスの生き延びるすべだからそれはそれとして否定はしません。しかしあれだけ体が大きいユキウサギでもカラスに追われたら、あまりいい気持ちがし […]

エゾユキウサギに気が付かれる

こちらは100m以上離れてブラインドに入っているのだが、それでもユキウサギに気が付かれてしまった。運良くこちらに向かってきたと思ったら、気が付かれてしまったようだ。動画ではないからカメラのシャッターを切っているわけではな […]

トド

今回もう少しここに早く来たかったのだが、雑用やなんやらで遅れてしまった。クジラ関係の海獣は陸上からではそれほど写したくないのだが、ラッコやトドなどの海獣は大好きだ。しかし探し求めてもなかなか簡単に出会えないのがこれらの海 […]

エゾユキウサギー5

この時期しかエゾユキウサギの緑の牧草の中で撮影できるチャンスがないので、朝も夕もブラインドにこもっている。昼間は牧草の陰に隠れて寝ている個体も多く動きが少なくなる。夕方牧場の中で3頭のユキウサギが繁殖行動の追いかけあいを […]

エゾユキウサギー4

しばらくじっとしていたユキウサギが体のあちこちをグルーミングし始めた。ユキウサギがとてもきれい好きなのか、体毛が変わる季節の変わり目でそうなのかは不明だが、足の裏や体を良くなめている。     &nb […]

エゾユキウサギ-2

待てば海路の日和ありではないが、ただじっとブラインドの中で待つのも仕事だ。なにせ狙った相手は臆病者のウサギで、どこでキツネが狙っているかもしれないのだ。そんな中で、こんな朝早くの牧場に出てくるわけはないと思うのが素人だ。 […]

Powered by WordPress