Posts Tagged ‘SONY A7S2 +MC11+150-600mm’

ナキウサギの谷ー 甘い鳴き声

思わぬところからナキウサギが出てきた。そんなときは身を潜めて静かにしていればレンズの最短距離での撮影ができた。静かにしていたら私を見つけたはずだが、じっとしていたので岩にでも見えたのか、何回か穴に出入りしながら鳴いてくれ […]

ナキウサギの谷ー貯食

ナキウサギの貯食が始まった。例年より少し遅い気がするが、自分の採食する合間に冬の食べ物をちぎっては加えなおして餌を運び出した。場所は何箇所もあり雪の下のトンネルを利用してナキウサギの餌になる。この生息場所はかつてもう少し […]

ナキウサギの谷 シマリス

ほぼ決まったようなコースを駆け抜けて行ったのはシマリスだ。しかしナキウサギのようにはのんびり屋ではなくなかなか私のファインダーには収まってはくれない。結構警戒心が強いのがシマリスだ。谷の紅葉が一段と進んだ気がする。 &n […]

ナキウサギの谷 コロコロ糞

仁丹の粒よりか気持ち大きいだろうか、ナキウサギの排泄出行動が見られた。よく食べてよく出す(約1日300-1300粒)のが健康の秘訣だが、ナキウサギには軟便というもう一つの違う糞の状態がある。この糞タンパク質を補うためとい […]

ナキウサギの谷 岩盤浴

久しぶりに晴れ間が覗いたせいか年がら年中穴の中にいるからだろうか、敵が居ないと見ればナキウサギが岩盤浴ならぬ日向ぼっこを始めた。このようなときは静かにしていれば結構長い時間撮影することが可能だ。   &nbsp […]

ナキウサギの谷ー3

貯食はしていなくても体のほうは正直だ。日差しはまだ暖かいのだが、すでに毛変わりが始まっている。すぐそこまで冬が来ているのを知っているかのようだ。それでもこの谷では3頭のナキウサギが出ている。昨年来た時より出がいい。谷の仙 […]

ナキウサギの谷ー2

ナキウサギはまだ越冬のための餌を運んでいない。一昨年はすでに餌を運んでいたのではないかと思うのだが、記憶違いだろうか?岩の間からは3頭のナキウサギが出入りしているが、どのウサギも自分が食べるのに精いっぱいといった感じで、 […]

ナキウサギの谷

今日は晴れそうだったので早朝逃げてきたナキウサギの谷に向かった。久しぶりだから出会えるかどうかわからなかったが、少し遅れたが5時には、フィールドに立てた。1時間ほど谷を歩いてようやく懐かしい鳴き声を耳にした。 &nbsp […]

クマゲラ

昨年もこの時期あの木で子育てをしていたクマゲラは今年も子育てをしているかと思って寄ってみたら、今年も同じ木で子育ての真っ最中だった。相変わらずこの黒い体色は北の森の中で締まる。離れたところから少し子育ての様子を覗かせて貰 […]

トド限界ー5

頭から潮はかぶるし、船は波に揉まれるしもう限界だった。よくぞ漁師さんは船を出してくれたものだ。明日から更に荒れると、予報は悲しい知られ。ハンターが入らなければトドが1000頭はいたのだが、こればかりは仕方がない。漁師さん […]

ノビタキの囀り

牧場でユキウサギが走り回っているその横では、夏鳥のノビタキが囀りで縄張り宣言をしていた。北の森で繁殖して東南アジアータイなどーで越冬する。結構高いところが好きで、自分の縄張りを宣言してうたっていた。 野生動物撮影ガイドブ […]

エゾシカの視線

林道の奥から誰かがこちらを覗いている視線を感じた。よく見るとメスのエゾシカがこちらを見ていた。あまり人間を認識していないのか気がつかないの寄ってきた。しかし我に返って頭を上げると、人間を認識したのか尾の白い体毛を逆立てて […]

キタキツネー5

昨年育った子キツネの姿を見ていないが、この3頭がすべて生き残れるほど北の海岸の自然は甘くない。半分生き残れれば良いほうだろう。あと数か月もすれば北風が吹きすさび、試練の季節を迎える子キツネの無事を祈らずいられない。 &n […]

天気が悪い

北の森では梅雨がないはず?だし、この時期爽快なはずなのだが、やはりてんきだけはどうしょもない。こんな時は撮影したデーターの整理とかやることは有るのだが、なかなかはかどらない。       & […]

農家は忙しい

農家は猫の手も借りたいほどの季節だろう。雪が溶けて畑仕事が一気にやってくる。しかも畑は広大だ。猫の手ならぬ大型トラクターが、早朝から夕方遅くまでは畑作りで忙しい。丘の町の農地はやはり大きい。     […]

Powered by WordPress