Posts Tagged ‘SONY A7S2 +MC11+150-600mm’

クマゲラ

昨年もこの時期あの木で子育てをしていたクマゲラは今年も子育てをしているかと思って寄ってみたら、今年も同じ木で子育ての真っ最中だった。相変わらずこの黒い体色は北の森の中で締まる。離れたところから少し子育ての様子を覗かせて貰 […]

トド限界ー5

頭から潮はかぶるし、船は波に揉まれるしもう限界だった。よくぞ漁師さんは船を出してくれたものだ。明日から更に荒れると、予報は悲しい知られ。ハンターが入らなければトドが1000頭はいたのだが、こればかりは仕方がない。漁師さん […]

ノビタキの囀り

牧場でユキウサギが走り回っているその横では、夏鳥のノビタキが囀りで縄張り宣言をしていた。北の森で繁殖して東南アジアータイなどーで越冬する。結構高いところが好きで、自分の縄張りを宣言してうたっていた。 野生動物撮影ガイドブ […]

エゾシカの視線

林道の奥から誰かがこちらを覗いている視線を感じた。よく見るとメスのエゾシカがこちらを見ていた。あまり人間を認識していないのか気がつかないの寄ってきた。しかし我に返って頭を上げると、人間を認識したのか尾の白い体毛を逆立てて […]

キタキツネー5

昨年育った子キツネの姿を見ていないが、この3頭がすべて生き残れるほど北の海岸の自然は甘くない。半分生き残れれば良いほうだろう。あと数か月もすれば北風が吹きすさび、試練の季節を迎える子キツネの無事を祈らずいられない。 &n […]

天気が悪い

北の森では梅雨がないはず?だし、この時期爽快なはずなのだが、やはりてんきだけはどうしょもない。こんな時は撮影したデーターの整理とかやることは有るのだが、なかなかはかどらない。       & […]

農家は忙しい

農家は猫の手も借りたいほどの季節だろう。雪が溶けて畑仕事が一気にやってくる。しかも畑は広大だ。猫の手ならぬ大型トラクターが、早朝から夕方遅くまでは畑作りで忙しい。丘の町の農地はやはり大きい。     […]

トドー3

5日待ってそれでも風は止まなかった。晴れているのだが非常に風が強い。漁師に毎日波の具合を聞くと、今日なら出せるかもしれないと言う。出せたらいいなと願いながら改めて漁師かからの連絡を待った。相変わらず風は強いが午後になって […]

引っ越し大作戦ー2

子キツネを誘き出そうと思っていても中にはゆうことを聞かない子キツネがいる。まだ巣から出るのが怖いのだろうか?。しかし一度引っ越しを決めたからは、すべての子供を連れて行かなければ仕事は終わらない。生後かなり成長し駄々を捏ね […]

引っ越し大作戦

子狐が成長し手狭になった巣には虫もわくし、そろそろ巣を変える時期が近づいてきた。こればかりは何時やるかもわからないし、朝から巣に張り付いていないと撮影はできない。言い訳の利く子キツネは母キツネの後を追ってうまく誘き出せた […]

ヘルパーな新米?母さんキツネ

今回この巣で育てている子キツネは全部で8頭。おそらく昨年巣立った娘も同時に子育てをしているものと考えられる。キタキツネの乳頭は6-8個だから強ち一頭の親狐から生まれたかもしれないが、かいがいしくヘルパー的に世話をしている […]

甘える子キツネ

子キツネは日中殆ど木の根元を利用した巣穴に入っている。出てくるのは精々日に3-4回だ。人の怖さを知らない子キツネはまだ天真爛漫そのもので母キツネに甘えている。このうちの何頭が生き残れるだろうか?   &nbsp […]

まだ乳離れをしない

日中子キツネが巣から出てくるのは精々4回ほどで、母キツネが戻った時だ。待っていたかのように巣穴から出てくると、メス親の乳に飛びついて行く。撮っていても非常にほほえましい風景だが、北の森では害獣として駆除されている。 &n […]

キタキツネの子育て

キタキツネの家族の子育てが真っ盛りだ。今年は寒いせいか草の伸びが遅く,また子キツネの体を見ることができる。今が可愛盛りの子ぎつねキツネたちだ。           &nb […]

カモシカの涙腺

目の下に何か目やにがついているように見えるのが涙腺だ。カモシカの縄張りを示す時にこの涙腺を使って木に擦り付け行動をする。今日の個体はこの涙腺が非常にはっきりした茶色系の個体だった。スタジオの周りには雪が多いのにこの茶色系 […]

Powered by WordPress