Posts Tagged ‘SONY A7S2 +MC11+150-600mm’

ベニマシコ

三寒四温なスタジオです。雪が降ると餌がない小鳥たちは大変ですが、地面も温かいですからやがてとけてきた地面で落ち穂を探しています。ベニマシコもそんな時に見つけた可愛い小鳥です。やがて北の空に戻ってゆきますが、ここしばらくは […]

ニホンリス繁殖期ー12

先日も書きましたが今日はキノコというか地衣類を食べるリスです。食べているのを撮影していると、なにかカリカリした音が聞こえてきそうです。70%の餌がクルミだと思うのですが、このような地衣類もバラエティーの中に入っています。 […]

ドブネズミ

どこから入り込んだのかリスの餌にドブネズミが3頭チャッカリ住み着いていました。しかも昼間堂々と餌をチョロまかしています。これだけ厳重な折ですがやはりどこかしら穴が空いているのでしょうか?餌が良いので丸々太っています。 野 […]

リスの小径−2

リスの繁殖期には生殖器が色づくのですが、野生だと早くてなかなか腹部を見せてはくれません。メイティングとともにそんなところも見せてくれないかと期待しましたが、温かい冬毛に隠されて見せてはくれませんでした。ニホンリスは2回の […]

リスの小径

外界へ降りたついでに近くにあるリスの小径へ、繁殖期の兆候があるのでは無いかと寄ってみた。気持ち的にはなんとか見れないかというところです。がしかし、リスは居ますが、やはり絡まないリスばかりでした。飼育下と野生ではもちろん違 […]

ニホンカモシカ

繁殖期のメイティングがままならない帰り道、峠の下り坂でニホンカモシカに出会いました。ここの所カモシカはそれほど珍しい動物ではなくなってしまった感があり、そこかしこでその姿を見かけます。今日の個体は灰白色系の個体でした。 […]

再びリスの森に-8

森の片隅で餌をついばんでいたのはカヤクグリです。夏は更に高い鉱山や亜高山帯に住む鳥ですが、この寒さで外界に降りてきて小動物を食べています。名前の由来はカヤなどの植物に紛れ込んで、なかなか姿を見せてくれないことからついたよ […]

再びリスの森へ−7

追いかけ合いが相当盛り上がった1日でした。今までは追いかけてもぱたっとやめてしまうような、執着心の無い追いかけ合いでしたが、今日のは違っていました。まさに果てしもなく追いかけるのです。これこそがまさにリスの恋のシーズンで […]

再びリスの森にー4

森の一角に実を着けているのはリンゴの原種でしょうか?実の大きさは二センチほどヒヨドリが仕切りに訪れています。追っかけの多いリスですが、そんなお邪魔虫が引き上げると、ちゃんとリスはやつて来ます。こちらはひつつき虫ですから、 […]

再びリスの森にー3

カメラはDigitalだが今毎日やつているのは多分にアナログ的な仕事です。昨年の繁殖期と今年が同じだとは思いませんが、生き物の繁殖期はほぼ想定が可能です。そんなわけでこのもりで観察をつづけています。朝からひつつき虫宜しく […]

再びリスの森にー2

再びリスの森に戻りました。何としても今年は繁殖期が見たくてガンバつています。しかし道中全く雪がないので本当に楽です。それでも朝七時から森にたつと、はく息が白く冬であることを感じさせます。朝一番でゴヨウマツにやつて来た個体 […]

リスの森ー7

リスがクルミを割っている時間は約15分強です。クルミの合わせ目に沿って齧り始め中のクルミを食べています。途中邪魔が入ると落としてしまうこともあり、落としたクルミにはそれほど執着は無いようで、さっさと場所を変えてしまいます […]

リスの森ー6

昨日の大雪との話ですが大したことがないリスの森です。本当に異常な暖冬で撮影を続けています。あちらの古巣から巣材を加えてきたのは、先日撮影したリスです。自分の巣なのか人の巣なのかはわかりませんが、せっせと新しい巣に巣材を運 […]

リスの森ー5

それでも少しは追いかけていたので喉が渇いたのでしょうか? 追いかけが終わるとバラけた1等は近くの小川にやってきました。この森にリスが住んでいるのも、近くにこのような小川が流れて居るからかもしれません。水飲みは30秒くらい […]

リスの森ー4

昨日は5頭のリスが森の一角に集まりました。すわ始まるかと期待して待機していますと、2頭の追いかけあいが始まります。付かず離れずの距離を保ちながら見ていましたが、結局この2頭はばらけてしまいました。5頭も集まるのはおかしい […]

Powered by WordPress