Posts Tagged ‘SONY A7S2 +MC11+150-600mm’

ナキウサギ

上がったり下がったりの気温に動物たちも少し夏枯れと言った感じでしょうか。コウモリの調査の方もはずれが続き気分転換に山に登ってみました。鳴き声が遠くで聞こえてきますが、ナキウサギの出もはかばかしくありません。それでも1カッ […]

エゾリス

今回のロケはエゾリスもナキウサギも眼中にありません。ひたすら得られた許可のもとできうる限りの取材を行っています。その晩の調査で何も収穫がないことのほうが多いですが、そんなとき時折姿を見せてくれるエゾリスが優しい言葉をかけ […]

モモジロコウモリとドーベントンコウモリ

雑樹だらけの廃線の跡をたどりもしこの廃線が続いていたら、この山を通過するにはここを掘るだろうなと想像しながらトンネルを探します。場所によってはこの日のように廃トンネルを掘りなおすような形で、新トンネルが作られている個所も […]

二ホンウサギコウモリ

このトンネルで他の種類がいないかと戻りながら調べると、離れた場所でウサギコウモリを見つけました。群馬のスタジオ近くの穴でもそうですが、ウサギコウモリは単独でいることが多いようです。近づいてもあまり警戒していないようです。 […]

モモジロコウモリ

このトンネルの長さは150mくらいあるでしょうか、しかしそれほど長いトンネルでもないので結構外気が流れ込んで風が頬に当たります。トンネルの中ほどのところでモモジロコウモリの群を見つけました。糞もそれほど堆積してはいませし […]

オジロワシ

森のなかでデータを取り込んでいましたら、突然目の前に巨鳥の影が横切りました。目をあげると目の前にオジロワシがとまつています。まあどこに居ても不思議ではないワシですから気にもしませんが、折角なので据え膳をいただきました。こ […]

ユリカモメも南下か

繁殖を終えて南下の途中でしょうか?フィールドに近い湖沼にユリカモメが30羽近く見つかりました。既に夏羽から冬羽に移行する個体もいて、旅の途中の骨休みでしょうか、池で小魚を狙っていました。花もそうですが小鳥たちも移動を開始 […]

エゾシカ

森のなか林道を走っていると牧草畑にエゾシカが出て盗み食いの最中でした。車を止めると案の定警戒モードに、すかさず横においてあるカメラで何枚か切り始めると、同時にエゾシカは走り始めました。走っていても直ちに撮影モードに入らな […]

ユビナガコウモリとモモジロコウモリの集団育児コロニー−2

満足な撮影機材はすべて置いてきてしまったので、最良の状態ではありませんが動画も1カットだけ撮影しました。南紀白浜の穴では既に幼獣も飛び回っていると思われますが、ここ群馬のあたりでは雨のせいか発育が遅れているのでしょうか? […]

ユビナガコウモリとモモジロコウモリの集団育児コロニー

キクガシラコウモリのコロニーと少し離れた場所で200頭ちかいユビナガコウモリとモモジロコウモリの集団育児コロニーを見つけました。どうもこの2種類は仲がいいようで、子育てはいつも一緒です。親の体毛の違いがわかるでしょうか? […]

キクガシラコウモリの育児

限られた時間の中で地元の穴の様子を一通り調査です。いつもの廃墟をたずねるとまず最初に、キクガシラコウモリに出会えました。全てに幼獣を抱いています。この時期ここにはオスが居ないのでしょうか?数十頭のコロニーにはメスばかりの […]

チゴハヤブサ−3

子育ての場所は町中の公園のポプラの木でした。北の森の都市公園は本州から来ると、とても大きく羨ましい限りです。近くを路線バスが走るようなこの公園で、このような猛禽類が繁殖するのは本州でも多いですが、ほとんどの人はその事に気 […]

この樹なんの樹不思議な樹

長雨に気温13度の低温と来てはブンブン飛んでいたコウモリ達も出が悪くなってきました。しばし撤収して途中寄ってきたどうしても気になっていた、コウモリが湧き出てくるという樹を再度訪問してみました。果たして前回は振られましたが […]

原生花園

この時期だと鳥のさえずりは終わっていますし、鳥の撮影は厳しいものがあります。しかし海浜に咲く花たちの撮影には,うってつけのシーズンです。何とか花の上の鳥を狙いますが、子育てに忙しく餌を持って小鳥たちはダイレクトに藪に突入 […]

落ちているハルニレの実を採餌

苔むした下草の何を採餌しているのかと思った結果が、前の動画を見てようやくわかってもらえたでしょうか?この雲母の被膜で覆われたような、ハルニレの落ちてきた実を夢中で食べていたのです。この小さすぎる実なら相当食べなければ、リ […]

Powered by WordPress