Posts Tagged ‘SONY A7S2 +MC11+150-600mm’

エゾリスー頬張れるだけほおばって

暑いのはさておき食欲の秋ですから、冬眠しないエゾリスだって厳冬期の食べ物を蓄えておかなければなりません。口に頬張れるだけもぎ取って、これから地面に貯食しに行くエゾリス君です。かなり重たいと思うのですがこの重さのクルミを抱 […]

エゾリス

パッタリとコウモリに出会えなくなりました。調査している森でおふれが回ったのかもしれません。そろそろ今回の調査も時間切れなので、回れるところは回って撮れるものは撮って帰りたいです。そんなわけで近くの森でエゾリスを探してみま […]

キタキツネ

毎日通う森の途中でキタキツネに出会いました。観光地では無いので観光狐ではありません。夏毛ですから貧弱ですが、秋の声を聞けば厳しい冬に耐える冬毛に換毛してゆきます。道の横でちょこんと座る姿は、まさに神社に鎮座する御狐様です […]

エゾモモンガ

今回の目的はもちろんコウモリですが、たまには横道にそれてしまうのも性というものでしょうか?この場所での許可は得ていませんから、昨晩はモモンガを見に行きました。お決まりの顔出しシーンですがこの穴に7頭ものモモンガが入ってい […]

タンチョウー2

暫く走るともう一家族のタンチョウに出会えました。こちらのほうは雛も見えますが、1羽だけなようです。2羽の雛が多いと聞きますから,1羽はやられてしまったのかもしれません。道東の混雑した環境に嫌気がさしたのか、さらに西のこの […]

エゾリス

北の森では少し藪に入れば動物たちに出会えるかもしれないというのはやはり幻想で、出会っただけではすぐ逃げてしまうし必ず撮影できるというものではありません。やはり生息しているところに行かなければ森があっても、彼らには出会えな […]

翼形

コウモリの同定をするのにはもちろん目視で行うのですが、Myotis(ホオヒゲコウモリの仲間)の同定をすろのには非常に難しいのが現実です。しかも写真だけではどうしても無理が生じてきます。間違いのないやり方は捕獲して同定しな […]

二ホンリス繁殖期

朝7時には森に向かって歩き出します。今朝は霧でおおわれていましたが、いつ始まるかわからないので気が抜けません。メスをめぐってオスが追い掛け回す、この時期特有の行動も見られるのですが、なかなか始まりません。そんな中メスを見 […]

この春北の森に行かないわけ

例年ならこの時期北の森に行っているはずなのだが、今年はまだ出かけていない。毎年同じ時期に出かけても同じような写真しか撮れないということもあるのだが、今年はこの時期他のものも結構撮るものがあるということなのです。それなので […]

やはり柿は美味しい ニホンリス

ファインダー越しに覗いていても、このうっとりとした目を見るとニホンリスは甘い柿の実がやはり相当美味しいのでしょう。しかし撮影になると早朝から日に一回か2回あるかどうかのチャンスのために、待たなければなりません。歩けば他の […]

リスって銀杏も食べるの?

今日はじめて撮影できたのがニホンリスの銀杏を食べているカットです。今までこの森に通っていますが、銀杏を食べるとは知らなかったです。ニホンリスはゲテモノ食いですから、どんな味がしたのでしょうか?案外長く10分ほど銀杏の実を […]

モミの実を食べるニホンリス

リスの植生はその生息地によってかなり左右されるようですが、この日はクルミだけではなくモミの実を咥えていました。実にはかなり脂分が有ると思うのですが、リスにとってはそれもごちそうなのでしょうか?私の手についた脂分はなかなか […]

島でも遅い紅葉

島の北部には紅葉街道と呼ばれる場所があってそこでも紅い種は見つかっています。以前来たことがないので向かってみると、広葉樹が多くあってコウモリたちが暮らすのには良い環境です。夜ここでも貼ってみましたが、やはり成果はありませ […]

アカリス

我々にとって綺麗に見えるモミジですが、リスにとってはこの時期何も意味を持たない木にしか過ぎません。何とかこの木に呼び込もうとしても、枝渡りを期待するのですがそう簡単には問屋がおろしません。そこでいつもいう追いかけるより待 […]

こちらの森より紅葉は綺麗

スタジオの森はなにかくすんだ感じの紅葉ですが、この森は紅葉が多いせいか今年は赤が浮き出ています。そんななかリスは6時過ぎには活動していました。あまり人が多くならないうちはリスものんびりしていますから、そうそう仕事を始めま […]

Powered by WordPress