Posts Tagged ‘sony A7s2+mmliteアダプタ+150-600mm’

キツネだって生きている

近くの森の岸辺でキタキツネに出会った。何か急いでいるようにキツネは岸辺に走って行った。トビやワシが同じように岸辺に止まっていたからなんだろうと思って注視していた。数分後キツネは口にマガンを咥えて藪から飛び出してきた。一目 […]

エゾリスがお花畑にー2

エゾリスがこのメルヘンの世界に現れるのは、午前4時15分だったり遅いと7時30分近い。天気が悪くてあまり食べられなかった翌日には、かなり早く出てくるのは当然理解できる。       &nbs […]

北の森にも春が

雪が降ったりして気候が変調気味だが、桜前線の北上とともに北の森にも春が訪れている。一面にエンゴサクの淡い花畑が続く。北国の春の足音は早い。           &nbsp […]

マガンの沼ー6

日の入り間際にもどってきてくれたら、太陽と入れ込めるのだが、そうはうまくいかないのが野生動物の常だ。それでも滑り込みセーフで最初の群れを撮影できた。これから暗くなって続々とマガンが塒入りしてくる。   &nbs […]

マガンの沼ー4

何と言っても壮観なのは朝の塒だちだろう。早朝3時に起きて沼に入る。マダマガンは眠っていて動かない。このような時の撮影はSONYのA7S2の出番だ。この日は珍しく月が見えていたので、暗黒の中ISO感度400000で月明かり […]

オオハクチョウー3

オオハクチョウの群れが帰り始めた。群れで鍵の字型になったり1列になって北に向かう。近くの田んぼに餌拾いに行くのとはその高度が違う。やがて北の森の最果てにたどり着けば恐ロシアは目の前だ。     &nb […]

ボルネオの森

ドイツから帰ってきて早々だが、ボルネオに旅立った。前に海野さんから教えていただいたツバメの渡り情報の為だ。昨年からツバメの追っかけやっているのだが、私がやるのだから人とは違うものにしたい。そんな訳で日本にいないときのツバ […]

チョウゲンボウ-4

この時期チョウゲンボウは交尾の時期だ。日に何度でも交尾を繰り返す。40日後には新しい命が生まれるだろう。こんな場所は当然暗いので感度を上げての撮影になるがこのカメラなら問題ない。瞬時のチャンスで暗い場所でも、長だまを使っ […]

チョウゲンボウー3

人工物をうまく利用しているチョウゲンボウは都市型の野鳥かもしれない。ハヤブサにしても高層ビルを利用していて動物たちは賢い。近くに餌になる野鳥は多いし、人間にも邪魔されない。こんな場所は野鳥(動物)にとっては、利用できる場 […]

小さな動物園ーオコジョ

更にアウトバーンで田舎を巡る。ドイツの車の時速は約180キロくらい。私は120−140キロで走るのだが簡単に抜かれる。制限速度などと言う物は有るのだが、アウトバーンでは殆ど無意味な言葉だ。この辺は慣れるまで大変だけど慣れ […]

エゾリスー3

冬眠しないエゾリスの餌は雪の下だ。今日もこの森でエゾリスを狙った。この森では暮れにモモンガが朝方出ていたのだが、今町はその姿が見えない。朝方1時間とか出ていたから、よほど腹が減っていたのかもしれない。ここでさらに東に向か […]

エゾリスー2

ちょっとした木の祠にエゾリスが隠したクルミを見つけだす。自分が隠したものかは解らないが、昨日も書いたように嗅覚だけは鋭いので美味しいクルミの臭いはすぐ嗅ぎ分けられるのだろう。顔が幼いから昨年生まれた子供だろう。今年の冬が […]

エゾリス

いつまで赤い鳥を待っても仕方がないので、リスの森に寄ってみた。6時過ぎまだ暗い中もう1頭のリスが雪の中に顔を突っ込みクルミを探していた。雪の深さは30cm位だが、ちゃんとクルミを探し出す臭覚は鋭い。今回のロケは新しいカメ […]

習熟中-3

それにしても動画のスイッチはなぜあの位置に付けたんだろう?しかもあの形状引っ込んでいて押し難い。 c1 c2に振り分けられるようで取りあえず振り当てたが、どういう訳かメインの一番押し安い場所のメインスイッチには振り分けら […]

習熟中-2

今付けているアダプターのAFの効きが余り良くない中華製のバッタもんで絞りは効いているが、フォーカスがレンズによって合ったり合わなかったリだ。違うアダプターに代替えしなければならないかも知れない。多分に人柱的な所があるから […]

Powered by WordPress