oyaji ●飯島 正広( いいじま まさひろ) 写真家/動物映像作家 東京都出身。1972年東京農業大学動物学研究室卒業後、行田写真事務所アシスタントを経て(有)アジアネーチャービジョンを設立。特にアジア熱帯地方、 ヒマラヤ、アフリカなど厳しい自然環境での取材を敢行し、ユキヒョウ、クロツラヘラサギ、ツルのヒマラヤ越えなど、世界でも珍しい動物たちの撮影に成功し ている。日本哺乳類学会、Nature Photo Studio、SSP、各メンバー。 URL : http://asianaturevision.com/
 

 

kobayashi00 ●小林明弘(こばやし あきひろ) 1952年、北海道生まれ。広告写真や新聞写真の撮影の傍ら、森に出かけて北の大地や、森に住む生き物たちの映像を撮影している。生態が知られていないエ ゾクロテンとの出会いから始まり、クマゲラ、モモンガ等の北の森の代表選手をメーンテーマに生態映像を撮り続けている。現在はエゾクロテンと平行して、世 界で一番小さなイタチの仲間『イイズナ』の撮影を継続している。 URL:http://forestnaturevision.com/wp/
 

 

hayashida00 ●林田定昭(はやしだ さだあき) 北海道生まれ釧路市在住。道東の自然映像とくにラッコの生態映像に関しては右に出る者は居ない。ラッコのみならず近年では道東や道内の自然映像や写真も撮 影し、併せてその素晴らしさを発信し続けている。『ラッコ』たちを通して、『ラッコ』の住めない海は人類も滅びるというコンセプトを唱え、道東の環境保護 を撮影した映像画像を通して訴えている。歯科医師でもある。
 

 

shirakawa00 ●白川俊一(しらかわ しゅんいち)1953年生まれ 青森県生まれ。子供の頃から野鳥の生態に興味を持ち、事業を営む傍らその目を野鳥撮影に向けて世界中の野鳥を追い求める野鳥写真家。特に追い求めているのは野鳥の決定的瞬間の美しさで、シャープなその写真は類を見ない。心がけていることは鳥の邪魔にならないことを第一とする自然愛好家でもある。シャープなその写真を様々な媒体に発表している。
 

 

DSC00871-1 ●松永道明(まつなが みちあき)1944年北海道生まれ。
長年生まれ親しんだ北海道の野生動物、鳥類の中でもその可愛さと美しさに魅了されて、撮影を続ける写真家。道内を隈なく回るその行動力は歳を感じさせない。厳冬期でもフィールドに出て動物たちを追い求めている。